オシャレなインテリアの鍵は「コンセプト」!

モデルハウスのインテリアコーディネートを考える際に大切なのが「コンセプト」です。コンセプトがしっかりしていれば、お部屋に統一感がうまれます。こちらでは、コンセプト、カラーテーマを決めることが、どのようにユーザーの感性に響くのか、改めてご紹介いたします。

「コンセプト」を決める重要性

「コンセプト」を決める重要性

インテリアコーディネートを考える上で、最初に取り組むことは、お部屋全体の方向性となる「コンセプト」を決めることです。コーディネートと一口に言っても、モダンやシンプル・カジュアルなど様々な系統があります。

モダンな部屋なのに、ヴィンテージ感のあるインテリアを選べば、まとまりがない部屋になってしまいます。まずは家具を購入・レンタルする前にどんな部屋にしたいのかを考えましょう。

モダンなのか、ナチュラルなのか、ユーザー層に合ったコンセプトを設定することで、モデルハウスに設置するインテリアの方向性が見えてきます。「部屋のイメージが思い浮かばない」という方は、インテリア雑誌やお店に足を運び、具体的なイメージを掴んでいきましょう。

不動産売却におけるインテリアコーディネートのポイント

不動産売却におけるインテリアコーディネートのポイント

モデルハウスの見学を通して成約に結びつけるには、その家での暮らしをイメージできるのか、その上でその家に住んでみたいと思えるかどうかが大切です。物件を探しているユーザーは、多かれ少なかれ、自分の「理想の暮らし」を思い描くでしょう。

その理想を体現したモデルハウスを提供することで、ユーザーの購買意欲がアップします。特にインテリアコーディネートの印象を左右する、最も大きな要素が「色」です。インテリアの色は、床や天井など基礎となる「ベースカラー」、ソファやカーテンなどインテリアの主役となる「メインカラー」、クッションや小物類などメインカラーを引き立たせる「アクセントカラー」の3要素で構成されます。

理想的な色の割合は、ベースカラーが70%、メインカラーが20%、アクセントカラーが5%です。また、同系色でトーンを変えて、メリハリをつけることで、洗練された印象を与えることができます。家具の選定はもちろん、照明やファブリック、アクセサリーなども、カラーテーマに沿って選んでいきましょう。

コンセプトは決まっているけど、リビングやベランダにどんな家具が合うのかわからないという場合は、KAGKASへご相談ください。これまでに、マンションや戸建てのモデルハウスへの家具・家電設置を手掛けてきました。

KAGKASでは、専門スタッフがヒアリングを通して現地調査を行い、小物や植物・照明などを含めたインテリアコーディネートをプランニングいたします。お問い合わせから設置まで最短1週間で行うことが可能で、インテリア・家具の取り寄せや設置スケジュールの調整にも迅速に対応します。

設置後無事にご成約いただいた後には、撤去作業はもちろん、インテリアの買い取りにも柔軟に対応することが可能です。空室に悩むオーナー様の様々なニーズにお応えできる体制を整えていますので、神戸や西宮・尼崎でモデルハウスの家具選びにお悩みの方はKAGKASにお任せください。

モデルハウスのインテリアはトータルコーディネートを行うKAGKASにお任せ!

会社名
株式会社 カグカス
代表者
代表取締役 金保 智也
住所
〒530-0054 大阪府大阪市北区南森町1丁目2−25 南森町ISビル
Tel
06-6314-2800(代表)
Fax
06-6314-2080
URL
https://kagkas.com/
事業内容
・家具、家電、室内装飾品の賃貸及び販売
・室内空間のデザイン、企画及び制作
・広告宣伝に関する企画及び制作
定休日
土曜日(第1・第3)、日曜日、祝日